接骨院を開業するなら柔道整復師会に入ろう【メリットをリサーチ】

介護で独立する

老人と介護士

高齢化の時代なので介護事業に参入を希望する人が増えています。事業のノウハウを教わり、サポートを受けるためにも、さくら介護グループに参加しましょう。さくら介護グループなら、申請や請求の業務の代行もしてくれ、家族からの連絡も受け付けてくれます。

詳しく見る

美容室

経営に役立つシステム

顧客管理を行っていくことで、美容室はより合理的な経営を行っていくことが出来ます。新規開拓も大切ですが、リピートしてくれる顧客を生み出していく仕組み作りしていかないと経営を安定させていくことは難しいという側面があります。

詳しく見る

施術

開院当初が勝負

整骨院をやっていく上でのノウハウを学んだり、保険請求を代わりにやってもらったりしたいのなら、柔道整復師会に加入しましょう。開院当初は施術だけに集中できる環境を作って、リピートしてくれるお客様をたくさんゲットすることが大切です。

詳しく見る

介護施設

介護事業に参入するときに

さくら介護グループのフランチャイズに加入すれば、初めて介護事業に参入する方でも安心ができるサポートが受けられます。開業前のサポートはもちろん、開業後も利用者を増やすために様々な工夫をしてくれるので、運営を軌道に乗せられるでしょう。

詳しく見る

美容師と客

独立する時に役立つ

美容室を独立経営するためには、それを支援してくれる美容室に務めたり、会社を頼ってみたりすることをお勧めします。また、そこで経営のノウハウを学びつつ、顧客管理をしていくことも大切です。自分の顧客をつかめるようにしましょう。

詳しく見る

柔道整復師を支援する団体

治療

事務支援のほか経営相談も

専門技術を持ったプロフェッショナルの世界では、業界団体が設立されて交流が図られている例がよく目につきます。骨折や脱臼、捻挫などの治療を主たる業とする柔道整復師にあっても、そうした団体が存在します。それが柔道整復師会です。柔道整復師会は、柔道整復師の国家資格を保有し、接骨院等の治療施設で業務に携わっている人たちのための職能団体です。業務関連の情報提供や団体保険の加入斡旋、会員同士の親睦等を通じて業界の地位向上を目指す活動を行っています。入会は任意となっています。この柔道整復師会ですが、他の一般的な業界団体とは異なるユニークな特徴を持っています。それは、柔道整復師の日常業務に対する支援事業を行っている点です。柔道整復に係る保険診療の費用を請求する場合、通常はまずそれぞれの接骨院等が所轄の行政機関に対して受領委任の届出を行います。そして保険者に対しては、毎月それぞれ個別に請求書を提出します。さらに照会対応や返戻、入金の確認等もすべて個別に対応する必要があります。しかし柔道整復師会の会員となった場合は、全会員の請求書を会が取りまとめて処理してくれます。これにより、各治療施設における事務の負担を軽減することができます。また、柔道整復師会の中には、事業計画や資金調達、治療器具の購入といった事業運営全般に係るコンサルティングを行っているところもあります。これは、特に開業間もない柔道整復師にとって非常に頼りになる業務です。

Copyright© 2017 接骨院を開業するなら柔道整復師会に入ろう【メリットをリサーチ】 All Rights Reserved.